スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
イタリアの財政悪化を懸念でユーロ下落。
イタリアの財政悪化を懸念で、ユーロが下落しました。

主要な下落要因は、

■LCH CLEARNET SA LIFTS CHARGES ON ITALIAN BONDS FROM CLOSE TODAY との報
■イタリア10年債のドイツ債とのスプレッド、500BPに拡大
■イタリア5年債利回り、ユーロ導入以来初の7%を突破
■イタリア2年債利回り、10年債の利回りを上回る
■イタリア債CDSスプレッドが過去最高に
■イタリア10年債利回り、7.02%とユーロ導入以来最高を記録
■フランス10年債とドイツ債のスプレッド、141.3BPに拡大しユーロ導入以来最大を記録

ユーロ・ドルは、1.3145から1.4248への上昇に対する 61.8%戻しの1.3566は下抜けたので、次は76.4%戻しの1.3405が目標になります。
ここを下抜けると、1.3145までサポートらしいサポートが見当たらないので、ここまでの続落はあり得るのではと考えています。

下になにか居る!
ユーロ実需の買いと金利上昇。
ユーロに迷い気味。


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー
ふらふら ユーロ・ドルトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<ギリシャの償還スケジュール | ホーム | ドル円ショートを半分利確。>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://yuuyuu11.blog109.fc2.com/tb.php/2116-45cfca0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。