信用事由なし-ISDA
昨日注目されていたISDAでは、信用事由なしと判断されました。

国際スワップデリバティブ協会(ISDA)の判定委員会は、ギリシャ国債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の決済を引き起こす信用事由は発生していないとの判断を下しました。
これにより、ギリシャ債CDSは発動されませんでした。

ギリシャ債CDSが発動されれば世界的に大変なことになるので、これは政治的判断として妥当なものだと思います。
この判断により、いったんユーロ・ドルは上昇しましたが、その後トライアングルを形成し下抜けています。

ユーロ・ドルショートポジは、まだ持っているつもりです。(^-^)



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー
ふらふら ユーロ・ドルトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<看護師 アルバイト探しはジョブセンス | ホーム | 2月トレードまとめ。>>















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://yuuyuu11.blog109.fc2.com/tb.php/2339-c7ba82f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |